ホールチェア(モリス張替済み)

型番 KAG0636
販売価格 237,000円(税抜)
在庫数 1
購入数

ビクトリア時代後期に作られたホールチェアです。ウィリアム・モリスのファブリックが圧倒的な存在感を放つ、高級感溢れる逸品。その見事な佇まいは見るものを圧倒します。背面の手作業による職人の装飾技術もたいへん素晴らしく、クラシカルな雰囲気を存分に醸し出しています。脚部にはビクトリア時代のチェアによくみられるデザインの1つ、ターンドフルーテッドのデザインが施されており、細部にまで拘りを感じさせるお品です。その美しいデザインはインテリアとして置いておくだけでも英国の格式と伝統を感じさせる重厚なムードたっぷり。

ウィリアム・モリスは、19世紀の英国を代表する芸術家であり、デザイナー、詩人でもあります。自然をこよなく愛し、それらをモチーフにした美しいデザインを次々と世に送り続けました。産業革命によって失われつつあった職人技術を守る「アーツ&クラフツ運動」の主宰者でもあり、彼の活動は近代デザイン史上に大きな足跡を残し、「モダンデザインの父」 として位置づけられています。

ファブリックのパターンは、1876年にデザインされたSnakes Head(スネークヘッド)。釣鐘状にモチーフされたフリチラリアの花が描かれており、豊かな色づかいの調和が美しいモリスの世界観を見事に表したデザインです。

ホールチェアとは、玄関ホールに配置する豪華な空間演出をするためのハイクオリティチェア。芸術性に優れたカービングやインレイが施されているのが特徴です。お客様をお迎えするときの魅せるアンティークとして、こちらの素晴らしいホールチェアを配置してみてはいかがでしょうか。

※こちらのお品はメンテナンス済みです。
※デザインの構造上、背面に若干のぐらつきがございます。
※経年の使用により木部のキズが見られます。写真17〜19枚目よりご確認ください。
※コーディネート写真のホールチェア以外の商品は付属しません。

【サイズ】 W51cm x D55cm x H120cm(SH46cm)
【材 質】 オーク
【年 代】 1890年代
【輸入国】 イギリス

【お問い合わせ】
鎌倉アンティークス 鎌倉山店
定休日: 火、水
TEL: 0467-33-0880
Mail: info@kamakura-uk.com
店舗URL: https://www.kamakura-uk.com/

あなたのチェック済み

おすすめ商品