純銀 シフタースプーン(Henry Williamson Ltd.)

型番 KAG0943-5
販売価格 28,500円(税抜)
在庫数 1
購入数

1901年につくられた、純銀のシフタースプーンです。
小さなお玉のような形で、ボウルの部分に穴の開いたこちらのスプーンは、フルーツ等に砂糖をふるいかける為につくられたもの。

その昔、裕福な貴族は温室でフルーツや野菜を育てていましたが、フルーツを甘く育てることはとても難しく、食べる時には砂糖をふりかけていたのだそうです。
また、砂糖は棒状に固められた状態で売られており、それを手作業で粉状にしていたのですが、手作業ですので粉もまばらな大きさ。フルーツに振りかけるには細かい粉砂糖が必要だったため、このシフタースプーンでふるいにかけて振りかけていたそう。

こちらのメーカーは、1865年に創業したバーミンガムの工房 Henry Williamson Ltd.。柄だけでなく、ボウルの穴にまで装飾が施された美しいお品です。※穴部分がシンプルな丸だけのものも多くあります。
現代の砂糖は粒も細かく大きさも揃っているため、砂糖を振りかけるには出番が少ないと思いますが、ベリーなどのフルーツ、オリーブやピクルス等をすくうのに使っても良さそうですね。
サイズも可愛らしくデザインに凝ったものもたくさんありますので、コレクションしてみるのも楽しいかもしれません。

※全体的に経年の使用による擦りキズがございます。
※コーディネート写真のシフタースプーン以外の商品は付属しません。

【サイズ】 全長10.5cm X 幅4cm
【材 質】 純銀
【年 代】 1901年 / バーミンガム
【メーカー】 Henry Williamson Ltd.
【製造国】 イギリス

【お問い合わせ】
鎌倉アンティークス
定休日 火、水
TEL: 0467-33-0880
Mail: info@kamakura-uk.com
店舗URL: https://www.kamakura-uk.com/

あなたのチェック済み

おすすめ商品